いずれにせよ。

Sky Blue Sky Sky Blue Sky
Wilco (2007/05/15)
Nonesuch
この商品の詳細を見る


このところずーっとヘビロテで聴いてる一枚。
ウィルコの作品はどれも好きとは言わないけれど、
聴けば必ず何かが見える、見させてくれるような、
その作品ごとに明確なヴィジョンを提示するバンドだと
考えています。
今年春に出したこのアルバムは、ファンの中では賛否両論?
なんでしょうかね。
逆にわしみたいに軽く聴いてるリスナーにとっては
こういうのこそが彼ら本来の手触りなんじゃなかろーか?という
気がしてるんですけど。前作までのジム・オルーク色は無くて、
すごく武骨でざっくりした感触の音なのに、全体を覆う空気は
とてもマイルドでかつクリアーなのです。
そして、何か一本、太い芯が通ってるような、そんな印象。
彼らも「オルタナティヴカントリー」という括りに入れられやすい
人々でありますが、いや、もう彼らも当の昔にそんな枠からは
はみ出してるなあ、と思います。

こないだ見に行ったリクオさんのライヴの前にも会場に流れてたのは
実はこのアルバムでありました。いい感じでしたよ。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク