スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性サーヴィスデーにて。

毎日名駅方面に出かけてることもあり、映画館に行きやすい
今日この頃、最近見てきたのはこの2本です。
狙ったわけではないですが、どっちも音楽が中心になった
ものでした。
映画「ヘアスプレー」オリジナル・サウンドトラック 映画「ヘアスプレー」オリジナル・サウンドトラック
クイーン・ラティファ、ジョン・トラヴォルタ&ミシェル・ファイファー 他 (2007/10/03)
ユニバーサル ミュージック クラシック

この商品の詳細を見る


ヘアスプレー」は周りにも見た、という人が多く、その評判に乗って
見てみましたが、予想よりずっと面白かったです。
元々は80年代に公開されたカルトムーヴィーがオリジナルで、近年
ブロードウェイミュージカルでリメイクされて大ヒットした作品。
その再映画化、ということでしたが、やはりミュージカルを見てる
ような感覚なので基本的にハッピーな雰囲気の映画ですね。
ジョン・トラヴォルタが母親役、ってのは驚きの配役でしたが
なるほど彼ならでは(笑)の魅力あるキャラになってましたね。
主人公役のニッキー・ブロンスキーが可愛いし、他の配役も成功して
いましたね。50~60年代のアメリカンポップカルチャー好き
にもひじょうに楽しい映画だと思います。

ワンス ダブリンの街角で オリジナル・サウンドトラック ワンス ダブリンの街角で オリジナル・サウンドトラック
グレン・ハンサード、マルケタ・イルグロヴァ 他 (2007/10/17)
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
この商品の詳細を見る

こちらは愛蘭好きなら見ておこうかと(笑)
グラフトンストリートで穴の開いたギターを弾いて歌う彼と、
それに足を止めた彼女の物語、です。
取り立てて奇抜でもおとぎ話でもない、等身大のストーリー
なのですが、それゆえ切ない感覚が伝わってくる、という映画でした。
主演のふたりはこの映画以前からセッションをしてたそうで、
息のあった演奏を聞かせてくれます。元々主演はキリアン・マーフィー
(!)を予定してたそうなのですが、彼のスケジュールがあわずに
グレン・ハンサードが代わりになったそうで。でも、それで正解だった
ような気がします。
スポンサーサイト
最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。