あの陽光の陰で。

Wild WoodWild Wood
(2007/10/22)
Paul Weller

商品詳細を見る

以前にこのデラックスエディションが出るということだけ書いて、感想は
まだだったな~と思い(汗)
ボートラはデモトラック&B-side集プラスモアといったもので
まあ、本編そのものが大好きなわしにはかなりたまらない内容でした。
ラフなデモな演奏の中にも、なんだかえらく温もりがあってちょっと泣きそうに
なるくらいだったりするのです。わしの思い入れのせいも勿論あるのでしょうが、
ポール・ウェラーの本質そのものが見えるような楽曲の詰まった作品であることが
やはりよくわかるような気がします。小賢しさとか計算とか、そういうのなしで、
そのまま真っ直ぐ勝負に出てるような感じがあるのです。
未発表楽曲のなかにSmall FacesのI'm Only Dreamingがあるのがまた彼らしい
ところですね。彼のリラックスした歌声が聴けます。
スポンサーサイト
最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク