スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫に鼠が噛みついた。

カッコーの巣の上でカッコーの巣の上で
(2007/12/07)
ジャック・ニコルソン、ルイーズ・フレッチャー 他

商品詳細を見る

いずれ見ようと思ってて、やっと見た映画でした。
見てる最中、なんとも息苦しくなるような内容でしたが、
さすが高い評価を得ているだけのものと思いました。
なんといってもジャック・ニコルソンは本当に当たり役です。
脇を固める役者さんたちも凄いし・・・・
設定が設定だけに。
自分がもっと若い頃、ロボトミーの話を初めて知ったときは
やはりショックだったんですけど、この話の中でのソレも
なるほどそういう使われ方かと。この物語のキーパーソン
(原作では彼の視点から描かれてるそうですが)の
ネイティヴアメリカンもとても印象的でした。

この映画のタイトル、
And One Flew Over The Cuckoo's Nest
とはいったいどういう意味なのか?と
思ってたのですが、
元々はマザーグースからの引用だそうです。ふむ。

Vintery, mintery, cutery, corn,
Apple seed and apple thorn;
Wire, briar, limber lock,
Three geese in a flock.
One flew east,
And one flew west,
And one flew over the cuckoo's nest.
スポンサーサイト
最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。