それが最後の列車。

North Marine DriveNorth Marine Drive
(2006/10/25)
Ben Watt

商品詳細を見る

今日は一日中雨降り。でももう冬の寒さはなくなりつつあります。
ただ、こういう季節の変り目は風邪ひきやすいっすよね・・気をつけます。

春になってきたので。
ふとネオアコな音が恋しくなりつつ、何故かこのアルバムを思い出しました。
けして春らしい内容ではないかもしれませんが(汗) 冬の厳しさが緩みつつも
まだ冷たい空気と色の残る海を思い浮かべられるようなアルバムかなと。

エヴリシング・バット・ザ・ガールは実はちゃんと聴いたことがないのですが、
かのユニット結成以前のこのベン・ワットのアルバムは引っかかることがあって
聴いてみていたのです。タイトルの響きや、ジャケットの写真に惹かれたのも
あったかな。

でも、ずーーーっと前に初めて聞いたときは全然ぴんとこなくて。
確か一回は某中古屋に売り払ったことがあるような気が(汗)

でも、最近になってやっぱりまた気になってきて、しかも最近のリイシューには
ボーナストラックでロバート・ワイアット(!)との共演EPが含まれてたりで、
これまたつい買いなおしてしまいました。
シンプルすぎるほど本当にシンプルなバッキングと、彼のヴォーカルの朴訥さと
音の瑞々しさや透明感は昔聞いたときも悪く感じなかったものの、
当時の自分には正直けっこう退屈に感じてしまったものでした。
しかし、今や、こういうメランコリックさがじわじわ染み入るようになり、
心地よさを感じるようになってきたのは、
きっとわしがそれなりに歳をとったからもあるなと改めて思います(苦笑) 
あえて言えば、こういう青臭さも一時期苦手だったりしたのですが
今では眩しく切なくも感じることでございますのよ。ほほ。

ロバート・ワイアットとの共演もひじょうに良いです。お互いの持ち味が
上手く保たれ表れてるのでは。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク