空と風と川と。

24日は山科駅でWダと待ち合わせ。
ビールやサンドウィッチなど買い込みつつ(汗)
この暑い最中、びわ湖バレイへ行きました。
本当は琵琶湖で湖水浴ってのもいいんですけど
とりあえず山の上へ涼を求めてみました。
JR湖西線で志賀駅まで行き、そこからバス。
びわ湖バレイ入口のゴンドラに乗り換え約10分。
このゴンドラが暑いのなんの(汗汗)
しばし我慢で山頂到着。
さすが標高1100Mはダテではなく涼しい風が。


horaisan01.jpg

horaisan02.jpg

horaisan03.jpg


山頂について驚いたのが、無数のトンボがぶんぶん飛び回っていた
ことでした(汗)
3つ目の写真のように、手やら肩やらに乗っかってくるくる。

園内のリフトはすべて稼動していて、それを乗り継ぐと
園内一周するようになっていたのだけど、
わしらはリフト代をケチって(汗)えっちらおっちら丘を
上りました。これが意外にきついのだなー。
ええ汗かきました。
それにしてもなかなかの景色。若干もやっとしてたのが
残念でしたが、それでもええ眺めでした。
なんだかんだ遊んでるうちに夕方。
またハイキングコースなどにも挑戦してみたいものです。

アスレチックな遊具で遊んでる際、メガネを思いっきり
ロープにぶつけてしまい、フレームが・・・・(汗)
なんとかかけていられる程度に状態は保っておったものの
ちょっとヤバめな曲がり具合に。

下山したのち、山科経由で京都市街へ移動。
通りすがりの某メガネ店で見てもらうと
「これはもう直せないねー」とあっけなくダメ出し(苦笑)

夜に予約していた鴨川沿いのお店へ。
一度、ぜひ納涼床を味わってみたかったので(笑)
豆腐料理屋の「豆風」というお店へ行きました。
風があまりなかったため、若干蒸し暑い感はあったものの
雰囲気は味わえたかなーと。
あと、ライトに寄ってくる羽虫が多いので、彼らが
ビールやら料理やらに入ってこないように気をつけながら(苦笑)
いただいておりました。
お豆腐料理だからお腹いっぱいにならんでしょー・・・と
考えてたのですが、最後には意外にも満腹感が(汗)
お値段もリーズナブルで、なかなか良心的だったかと。




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

納涼床について-日本の心-四季折々の風情を感じ...

納涼床納涼床(のうりょうゆか、のうりょうどこ)、あるいは川床(鴨川では「かわゆか」、貴船、高雄では「かわどこ」と読むのが一般的)は京都の夏の風物詩の一つである。料理店や茶屋が川の上や、屋外で川のよく見える位置に座敷を作り、料理を提供する。5月ごろから9月ご
最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク