スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キミハボクノセイシュンミラー。

青春ミラー(キミを想う長い午後)青春ミラー(キミを想う長い午後)
(2010/04/07)
ザ・コレクターズ

商品詳細を見る


なんつったって、このタイトルっすよ。こうじゃなくては。

自分にとって、長年の腐れ縁的ミュージシャンとか、バンドとか、
いくらかいるんすけど、間違いなくそのひとつであるのはこの
ザ・コレクターズ。来年25周年だって。
もちろん、この人たちもすべて順風満帆なことはなくて、さまざまな
紆余曲折を経てきてて、でもまた今、彼らなりの在り方とかすべきこと
とか、しっかり見据えたうえで、またさまざまな形で活動をうまく
続けてる、ある意味では今や貴重なバンドのひとつになりつつあるかと
思います。

長年付き合ってたら、当然「ん?」と思う時期もあったりで、そういう時には
自然と離れてしまったりしてたのですが、気がつけば、ああそういえば、と
思い出して戻ってきてしまうような、自分にとってはそんな存在でもあります。

今回の新作を聞いて、正直、ここまで自分が揺さぶられるとは思ってなかった
のです。ちょっと自分でもひくくらい(苦笑) 不覚にも。
だって、青春ミラー、っすよ。 
でも、これこそ彼ららしさ、というタイトルであることは間違いないのは
認めるし、やるべきことはやれるだけの技量も方法論も持ち合わせてて。
加藤ひさし節健在だなーとかコータロー相変わらず弾きまくってるなーとか、
Qちゃんも小里くんも鉄壁だなーとか、そういうのがやけに伝わっていて。
しかし加藤ひさし(50)って。さすがに驚いたけど。
今だに実はMODにこだわってたりして、そのスカしっぷりみたいなのが
やっぱりたまらなく好きだったりして。彼らが初期のころから持ってた
独特の構え方とか表現のしかた、ってのは、確実に昇華されていて、
それがまた今ひどく説得力をもって自分に響いてきてしまうのは一体
何なんだ!?と我ながら困惑するわけです(苦笑)
確かに恋だ愛だって曲は減ってるかもですが、社会派になりきってる
わけでもない(汗) でも、元々彼らはそんなスタンスだよな、と。
でも、twitterなんて曲もあったりして、タイムリーちゃタイムリー。
そういうのに限ってコータロー氏が歌うのもまたいい感じですが。

某インタビューで「MODってやせ我慢得意だからねー」
「武士は食わねど高楊枝ってねー」とか言ってるの読んで、ああ、
やっぱ自分が好きな人ってこういう人たちかも、とか
また納得しちゃったりするわけっす(失笑)

コレクターズって、やっぱすごく独特なので、万人受けするなんて
本人たちも思ってないんだけど、でも一回はまると抜けられなくなるファンが
多いんだろうなあと。だから劇的にCDが売れるとかファンが増えるとか、
そういうのはないんだけど。
だけど、昨今ではBS系の番組に出てたり、ポッドキャストで昨年のiTunes
ベスト25に選ばれてたり(笑)そういう面からもどんどん新しいファンが
増えていけばなあとは思います。
ポッドキャストは面白いのでおすすめです。ポッドキャストレベルで
毒吐いてるところが好きです。基本的にだらだらなんですが、
しゃべりが巧いので退屈はさせませんぞ。
http://studiomog.ne.jp/scrap/bukuro24/index.html
自分も死ぬまでに一度くらいブクロ系になってもいいと思うかも(笑)


スポンサーサイト
最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。