「イタダキマス」の真意とは。

これまたなんぞや考え事をしていて、ふと思い出したこと。

ちょっと前でしたが新聞のコラムを読んでて。
とある小学校の先生の話。
あるとき保護者からクレームが入ったのだけど、
その理由とは『給食のとき、子供らに「いただきます」と
言わせるのはどーいうことだ』って話。

その言い分ってのは。

給食費は我々親らが払っているのに
なんで学校は「いただきます」などと子供らに言わせるのだ、
そんなことを言わせる権利は学校にはないだろう、
ってことらしい。


・・・・・・本気でこんな事言う親を持った子供の不幸、ってば
量りしれぬ・・・・・


いや、その親自身が不幸か。


その親御さん自身は子供の頃に学校などで
言った事ないんでしょうかね。
それとも忘れちゃってるのか。


なにしろ。
食事の前の「いただきます」って言葉を、
そういう面でしか捉えられない発想の貧困さ、
想像力の欠如が信じられない。
学校がそんなことのために子供にそんなふうに
言わせるわけないのは明らかなのに。


世の中にはこんな大人が増えているのか?と
哀しい気持ちになる話でした。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク