何にもしてないくせに無敵になってた。

Born in The ‘60s [DVD]Born in The ‘60s [DVD]
(2011/02/16)
オムニバス

商品詳細を見る


去年秋に行われた通称『おっさんバンドツアー』(もちろん正式名称はBorn in the 60's Tour)の
DVDでし。the pillowsがオーガナイザーとなって行われたコレ、名古屋公演あったにも関わらず
やはり行けずだったので(涙)
出演はthe pillows、The Collectors、Theピーズ、TOMOVSKY、怒髪天
全員1960年代生まれというのがポイント。しかもかなりやりたい放題だったみたいで、
ひじょうに内容が気にかかっておりますた。いや、予想以上に面白かったです。
いやはや、このツアー、まとめ役がピロウズでよかったよ(爆笑)
さわお君とシンちゃんが相当切り盛りしたのではないかと。
で、それぞれのバンドのステージでのパフォーマンスもさながら
(どのバンドも脂のり切ってて抜群にカッコ良い。この点においては
どのバンドもただのおっさんバンドではない、というのが重要)
バックステージの楽しそうなことといったら無い(笑)
ボーナストラックの格付けもファンなら必見です(大笑)
観てる最中笑い過ぎて本気で号泣しますた(汗)
魅惑、充実、抱腹絶倒の153分でございます。
個人的には、実は初めてTOMOVSKYのバンドバージョンを見た!のですけど
これがかなりやられますた。トモくん変わらんね~ 自由奔放。
ちょっとちゃんとアルバム聴こうとか思いますた。
つーか、ハル君もぶっちぎりね。すげー双子だ相変わらず。
あと欲を言えば、各公演であったセッションシーンがもっと多く収録されてたら
嬉しかったかも。リーダーの「時代」が聴きたかったな。

追記。
自分ごひいきのコレさんは、エコロジー、青春ミラー、NICK!NICK!NICK!の3曲
収録なのですが、めちゃいいパフォーマンスが収まっててファンとしては
嬉しいです。特に青春ミラー、相当良いです。この曲、なんでこんな好きかな
と考えると、ちょっとThe WhoのWon't Get Fooled Againみたいだからかも^^
特に後半にかけて歌も演奏も盛り上がってくるところが大好きだ~
この曲の持ってる緊張感もいいです。ライヴ映えしますね。
NICK!×3で髪振り乱して熱演のコータローさんもかっこええっす。
あのあとの曲が東京虫バグスなのがギターイントロで解るんですが
フェイドアウトしちゃうのがイケズ~(*_ _) そのあとも観たい~と
思わされて終わるのが。
あとバックステージシーンでは、大木兄弟とコレさんの絡みが好きです。
札幌で「時代」のリハーサルに参加するリーダー、冗談じゃなくて
結構本気になってるのが彼らしい(大笑)
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク