水玉模様と月の光と。

デヴィル・メイ・ケア デヴィル・メイ・ケア
ボブ・ドロー (2000/08/23)
東芝EMI
この商品の詳細を見る


これを最初に聴いたのは、古くからの友人が教えてくれた
からだったと記憶してます。もう15年ほども前かもしれません。
ジャズ、っていうジャンルはこれまた本当に奥が深いので、
あまり軽々しく「私はジャズが好きだ」とは言いたくない
んですよね。つーか絶対簡単に言えないんですけど(汗)
(や、でも実際にはそんなことをさらっと言う人を、何度も
目にしてますけど)

ま、このボブ・ドローの話をすると、またこの人はちょっと
独特路線で、1970年代に教育番組的なものに関わってたのもあって
とても幅広い世代に受け入れられているジャズ・ミュージシャンの
ひとりのようです。
そういえば、今は亡き(涙)エリオット・スミスも彼のナンバーを
取り上げていたし、最近ではジャック・ジョンソンがあの
『キュリアス・ジョージ』のサントラでもそんなナンバーを
歌ってましたね。

この『Devil May Care』は1956年に録音された、ボブ・ドローにとって
最初のリーダーアルバム。
基本的に。彼の柔軟で温かみあるヴォーカルが前面に出てきてるのも
あって、特にジャズに通じてる人でなくてもとっつきやすくて
聴きやすいアルバムだなーと思います。歌心が溢れている仕上がりなので。
でも、どっかクールな肌触りとかスマートさも持ち合わせてて
ここ最近のような秋の夜更けに聞くにも気持ちいいなーと。
今久しぶりに聴いてますけど、やっぱいいな~
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク