スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訳してみた。vol.15

雨を降らせてよ
もしくは 太陽を僕の上に輝かせて
僕は痛みを感じないんだ
今となっては 君がここにいるから
どうであっても一緒さ

君こそが
僕が知るべき人だったのに
僕は吹き飛ばされてしまうよ
まるで 広い海の上の小舟のよう


時間は勢いを増す
そして 
僕のすべき全ては 道を見守ること
君のためさ
どんなことでも 同じってことはないだろうから


君こそが
僕が知るべき人だったのに
僕は吹き飛ばされてしまうよ
まるで 広い海の上の小舟のよう


僕は吹き飛ばされるんだ
まるで 夜中の嵐みたいに
吹き飛ばされるんだ


君こそが
僕が知るべき人だったのに
僕は吹き飛ばされてしまうよ
まるで 広い海の上の小舟のよう


僕は吹き飛ばされるんだ
まるで 夜中の嵐みたいに

吹き飛ばされるんだ


Jeff Lynne / Blown Away



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

大好きなアルバムでありーの。
でも やっぱ再発はないっぽいのか…
この曲はJeff Lynne とTom Pettyの共作。
ちょうどTraveling Wilburysの頃で密だったとき
ですな。
アルバム自体にはGeorge Harrisonががっつり参加。

時々聞き返したくなる一枚どす。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。