訳してみた。vol.17

僕らは皆 同じ方向に 顔を向けている

いまだ 一日がかりさ
僕は 自分の左を見やって 
最高なものと最悪なものを 拾い出してる


彼女は 唇を塗りたくる  
こってりと分厚く
また別の鏡を 見つめて

そして 彼女が行こうとしてるのは 何処なのだろう

また別の 職場での情事 
まだ生まれてもない怖れを殺すため
君は 神父に きわどい話をする 
それは少なくとも 人を 人間らしくするけど

彼女は 逃げているところなのかい
真新しい一日を始めるために
もしくは 家に帰るところなのかい 
ならどうして 一人で 車を走らせているんだろう


誰もが 何処かへ 行くところなのだろうか

誰もが 何処かに 居るべきなのに
 

彼女は 死体をトランクに押し込んだ
もしくは ただ 食べ物でいっぱいのバッグなのか
あれらはモデルの足なんだけど いったい
女の足なのか 男の足なのか


彼女は 電話に向かって叫びちらす 
ローンの支払いをし損ねたと
彼女は いつだって最高のものと接しながら 
皆から一目置かれた存在じゃなきゃ 


誰もが 何処かへ 行くところなのだろうか

誰もが 何処かに 居るべきなのに


詐欺師のために給仕をしてるのかい
ハードカヴァーの本を書き上げたのかい
子供に読み方を教えてるのか
もしくは 路上で身体を売るのだろうか
それか 職の無い看護師なのかい 
また別の お高くとまったやつなのか


でも僕は 君を まったく誤解してるんだろうか
一目見たきり 君は 居なくなってしまった


誰もが 何処かへ 行くところなのだろうか

誰もが 何処かへ 行くところなのだろうか

誰もが 何処かへ 行くところなのだろうか



誰もが 何処かに 居るべきなのに


Stereophonics / Traffic



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
大好きなStereophonics。
初期のこういった曲の、ケリーの詞の描写具合が
やっぱほんとに好きかもな。

June 25 加筆訂正^^
Thanx a lot!>W
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク