旧譜にまつわるエトセトラ。vol.2

CollectorNo.5が発売された翌年。1992年。
当時彼らは確かビッグ・シングル、と呼んでいた記憶なのですが
ザ・コレクターズはこんな6曲入りミニアルバムを発表しました。

017_20110804024310.jpg

「愛ある世界」です。

この当時 新曲と言えたのは Summer Of Loveだけか。
コレクターズらしい 甘くてソウルフルでグルーヴィーな
ダンスナンバー。大好き。
でもここまではっきり横揺れの曲を披露したのは
もしかしたらこれが初めてだったのかな。
NICK!NICK!NICK!や明治通りをよこぎって は
ずっとその前からライヴでは演奏されていた曲。
NICK!に関しては 昔からずっと人気曲であったのがすぐ
わかりました。
他3曲は日本語訳詞でのカヴァー。
愛しのルネはThe Left Banke、茂みの中の欲望はSpencer Davis Group、
恋はヒートウェーブは いわずと知れた Martha And The Vandellasが
オリジナル。 ヒートウェーブは今でもよくライヴで披露されますが
もう自分たちの曲のようになってますね。


わしは当時これを聴いて、
正直 こんな姿こそが
ザ・コレクターズなんじゃないのかなと、強く感じたのを思い出します。

前作のフラストレーションが 逆に機動力になって
今一度 自分たちのやりたいことを見つめなおした 結果
それが とてもいい形になって昇華できたのでは。

ここで形になったことが 彼ら自身の自信にもつながったろうし
確実に あの次回作!への布石にもなったでしょう。

ジャケットも凝ってて
中を開くと 他3ヴァージョンのジャケが登場するという仕掛け。
019.jpg
こういうアートワークが凄く好きだったのも自分には
結構大きかったかな。


彼らのライヴを初めて見たのも
この「愛ある世界」のリリースツアーでした。
名古屋クラブクアトロ。お世辞にも 良く入っているとは
言えなかったんだけど ライヴはすごく楽しくて
そこから一気に熱が上がったのでした。

いまだにその光景、なんだか眼に焼きついてるなあ。


このビッグシングル、再発にはなっていませんが
他の再発アルバムのボーナストラック、
もしくはベスト盤などで収録トラックを聴くことは
今日 可能になっているはず。 


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク