旧譜にまつわるエトセトラ。vol.4

地球の歩き方、が出たことで
自分の比重がどうしても新譜に行っておりますが(汗)

旧譜再発になった分も数枚購入しております。
紙ジャケシリーズね。
リーダーの「音質イイのよ」という甘い言葉に誘われて(苦笑) 
まんまと、ですが。

でも一度に全部買えないよー(涙)

なんとか売り切れる前に。



でもって、今回は
ザ・コレクターズさんにとって7枚目のアルバムとなった
「CANDYMAN」のお話。

CANDYMAN(+3)(紙ジャケット仕様)CANDYMAN(+3)(紙ジャケット仕様)
(2004/07/21)
THE COLLECTORS、加藤ひさし 他

商品詳細を見る


これも、わしはオリジナルのジャケが好きだったなあ…(大笑)

こーたろさんのスマイルが目に焼きつきます。

candyman01.jpg candyman03.jpg 
candyman02.jpg candyman04.jpg


実は再発紙ジャケシリーズ、オリジナル盤と同じ装丁、
というわけにはいかないのがちょいと残念なところ。
せっかくなので、オリジナル盤はこうなってますということで掲載。

渋谷の街にこのジャケットのでーっかい広告がばーんと出たとか
そんなんだったと思います。インパクトあったかと(笑)

前作の「UFO CLUV」が好セールスを記録して
(「世界を止めて」のスマッシュヒットが大きく影響したのもあるし
アルバムじたいも評価が高かったと記憶しております)
バンドが波に乗ってきた時点で制作された今作。

「UFO CLUV」の成功の後、ということで、実は相当なプレッシャーを
リーダーは与えられていたようです。


内容としては、一曲一曲はどれも粒は揃っているし、
どの曲も本当にコレクターズらしい世界を持つものばかりで
うまく整えられたポップアルバムに仕上がっていると思います。
当時自分もすごく好きで、相当聴き込みました。
でも、すこーし引いて見てみると、ちょっと上手く、でも小さく
まとまり過ぎちゃったのかな、という気がしないでもなかった。


前作のUFO CLUVがあまりにも特殊だったのもあったし
さらに、世界を止めて、というヒット曲まで出してしまった
後ってこともあったと思います。
今作は前作に引き続き吉田仁さんプロデュースですが、
確か彼が「コレクターズ自身に売れた後の準備、対応ができてなかった」
という話をしてたような。正直、そういった面が出てしまったところも
あったかもです。

でも、メンバーチェンジ後のコレクターズが、この頃すごくバンドらしい姿に
なってまとまってきてた、というのがわかる。
だんだん、小里くんやQちゃんの存在感が大きくなってきてるのが感じ取れるし、
サウンドもライヴ感がある。以前の作品に比べると、サウンドそのものに
重厚感を持たせてる感じというか。ポップサウンドなのに、軽くないというか。

おそらくメンバーそれぞれに少し自信がついてきて、個々の色が出始めた頃
だったと思います。そういう点では、実はこの後のコレさんのベーシックな部分に
なった作品ではないかと。

先日のライヴでも、久しぶりに「恋をしようよ」が披露されてましたが
その先の、リーダーの書くラヴソングのひとつの手法となったのが
この辺りじゃないかと思ったりして。可愛くて甘い、彼らしい曲。
あと、小里君初ヴォーカル曲があったりね。
「レイニーディ マン」という曲ですが、これ実はすっごい好きだった。
小里君の声が好きってのもあるけど、彼の歌うのをもっと聴きたいと思った。

この先、バンドはそのまま上昇しつつ、もうこれで本当にブレイクだ!
ってのを目指してた時期。でも、思うほど突き抜けられなかったってのが
正直なところだったのかな。
でも、当時の彼らなりの地位を確立していってる段階だったと。


確か、このアルバムを作られてる頃に、リーダーが深夜FMラジオの
レギュラー番組を持ってて、その制作状況をたびたび話されてたような
気がします。基本、リーダーがひとりで担当でしたが、時々ゲストで
現れるこーさんが強烈なキャラで番組をのっとっていたような…

今、録音したテープ聞くと、池袋交差点24時の原点のようです(大笑)
いや、こーさん昔は今以上に自由だったなと思い出します(苦笑)

わしの記憶が確かなら、番組の最終回がそれこそ、このアルバムの
リリース直前で、バンドメンバー全員ラジオに登場してたような。
あれ、基本は生放送でやられてて、しかも深夜だから
メンバーがリーダー以外酔っぱらいで、おかしなことになってたのが
いまだに忘れられない(苦笑) 

小里くんがフランシスやってたのも確かこの頃だった記憶。
あ、思い出したら聴きたくなった。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク