スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だって俺を見たでしょ。

本日のMC。リーダーが「明日から君の未来が変わる」と急に言って、皆が?と
なってるとき、上のせりふだったわけです(爆笑)


今日は、名古屋クラブダイヤモンドホール&アポロシアターで行われた
Re:mix2011というイベントを見に行ってきました。

remix_0821_wristband.jpg リストバンドね。

remix2011_0821.jpg

このイベント二日間あって、今日は二日目。
わしはThe Collectorsさん目当てで参加。

コレさんの出番は2番手@ダイヤモンドホール。
トップバッターのポリシックスの後半あたりから中に入って
見ておりました。 
ポリシックスは本当に10年くらい前に一回イベントで観た…
相変わらずつーか(笑)でも相当盛り上げてました。

終わって人がはけていく瞬間、前に突入(笑)最前列確保^^
機材転換のときから、Qちゃん出てきててセッティング&音を
入念にチェック。なんらか気になる点があるのかな…と
思って眺めてたな。
ハタ君、ベースをいつもより気にしてチェックしてるように見えた。

3時10分頃、コレクターズさん登場。
リーダーはあのクアトロの花柄スーツ再びで、こーさんは
フレッドペリーのあの白シャツ。

オープニングから恋はヒートウェイブ!

セットリスト、こんなんですたよ。

1. 恋はヒートウェイブ
2. 東京虫バグズ
3. 地球の歩き方
4. Groove Globe
5. 未来のカタチ
6. TOUGH
7. NICK! NICK! NICK!

全7曲。40分弱くらい?

イベントの性質ゆえ、演奏はぶっつけ本番!だと。
なるほど、それでQちゃんが先に出てきて結構しっかり
音やセットの位置を気にしてたのかと。
おそらく時間の制約も厳しめだったと思うので、
MCも短め。でも短めながらもなめらか(爆笑)
「名古屋に人がいる!」とか
「ダイヤモンドホール好きなんですよ。住みたいね」とか
「(新譜の話をしてて)amazonでもう品切れなのよー。
手に入れたかったらブックオフに行って!」とか<自虐的
あと、こういうイベントで、こういう順番じゃないと言えない
セリフをどーしてもこーさんが言いたかったらしく、リーダーに
要求してまでも言ってた(爆笑)
「あのさあ、皆、今日は最後まで楽しんでって」とか。
これちょっとかっこ良かったけどね(大笑)
今日はご機嫌麗しかったっぽい。終始ニコニコしてたねん。>こーさん

新曲がイイ感じで盛り上がったと思うのね。Groove Globe演奏すごく
良かったなあ。会場のウケ良かったよね。大好きな曲だけど今日
改めてイイ!と思った。
これやっぱ、これから軸にできるような曲かもね。

ぶっつけ本番とはいえ、この辺はもうベテランさんだから、
なんとかなっちゃうんでしょうね。でも、何の時かは忘れちゃったけど
一回演奏陣が3人顔を合わせて「あれれ?」って表情して苦笑いしてる
瞬間がありました。なんかアクシデントあったかもねん。
まあ、そんな不利な面もありながらも、短い時間でも
パフォーマンス自体はいつもの熱いコレさんのライヴ。 
こーさんも、ほんと前と変わらないくらい動いてるし、
ジャンプ!もお目にかかれた。珍しくセンターまで出てきて弾いてたり(惚)。
NICK!のときはギリまで出てってひざまづきギターですたよ。
リーダーもほんとすげー格好良かった。今日は自分のポジション的に
本当に間近で見られたん。お世辞抜きよん。

自分も最前にいたので後ろの様子は正直わからなかったけど
イイ感じで盛り上がったと思うな。
リーダーの表情でもわかるし、こーさんのノリ具合でも
それは見て取れたというか。

NICK!が終わった瞬間、もーっと見たいーっ!て思ったなあ。
こういったイベントのとき、やっぱり自分たちのファン以外を
巻き込まないといけない、という気持ちも出ると思うのですが
いつもよりバンドが戦闘モードに入るのが、またそれで凄くカッコイイ。
Qちゃんのドラムよく鳴ってた。小里君のベースの抜けがイマイチだった
かも…とは思ったけど、本人べろんべろん弾いてて相変わらず
ぶっちぎりだし(笑)

コレさん終了後、一旦外へ。あまりにも暑かったので、となりの
コンビニでついガリガリ君をゲット(爆)
ぽーりぽり食べつつ、ダイヤモンドホール搬入口付近で
のんびり風にあたっておったら、ふと通り抜けていくタクシー。
あれ?と思ったら既にメンバー達だった(爆汗)
とっさに手を振ってみたけどねん(汗)


その後、一旦他の場所に避難しつつ、6時過ぎには戻って来て
SAKEROCKとThe Back Hornを観ますた。

SAKEROCKは想像してたのと全然ちがったので驚いた(汗)
なるほど、狙いどころはでもわかる。
やってること自体はユニークで面白いし、きっともっと
どんどんよくなるね。でも、わし的にはあと10年熟成して欲しい
気がする。自分の感覚的には、少し青いのさ。
本当の意味で、深みとか厚みとか、ただ変則的なラインに
頼るだけではない音楽がこの人たちは
出来るじゃないのかなって。個人的にはドラマーがめちゃ好きだった。

The Back Horn。かなりのオーディエンスが残ってた。
これも、思ってたイメージとは少し違った。ずーっと硬派な感じ。
男子が好きそうなバンドだなあと。それこそ某君(19)が好きだって
のがすごくわかる感じ。いかにもジャパニーズロック、それプラス
ハードめでアグレッシヴなアプローチ。でも、今自分が聞くには
やっぱもう青臭い気もしるのよ(苦笑)
これで自分も20くらいだったら、もっと違う感じ方かもですが。
でも会場は相当盛り上がっておりました。今、人気出てるだけあるね。

というわけで、アンコール前に撤収。楽しかったよん。


でもやっぱコレさんが良かったなあ(うっとり)
若いバンドと比較すると、やっぱベテランなだけあるなと
今日再認識。 これは自分の年齢もありかもだけど(苦笑)
感じるものが別ですからね。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。