のどに打ち水。

↑こーたろさんが衝撃を受けた?という新幹線の
電光掲示盤のエビスの文句…

ebis01.jpg

(帰りの車内でタイミング良く見つけた! あわてて激写)


当初、正直にいえば
5回中、3回行けたらいいなあなんて思っていたのですが
結局終わってみれば皆勤賞ってどうなのよ自分(苦笑)

The Collectorsのクアトロマンスリー@渋谷クラブクアトロ、
今年は8月28日が最終日。
懲りもせずまた上京。



最終日はソールドアウト。よく入ってたね。(over650だそうな)

Aug28_2011_final.jpg

shibuya_collectors_2011_0828_04.jpg
shibuya_collectors_2011_0828_03.jpg

コータローさんはキースTアゲインなシンプルないでたちで
リーダーはショッキングピンク&グリーンのサイケな
プリントのスーツ。似合いすぎる。
ほんと、両極端(笑)
着替え後のリーダーのシャツはブラウンベースの花柄だった。
コータローさんもアンコールのときには
フレペのシャツに着替えておられましたね。
あまり無いパターンかな?と。
QちゃんはあつべえTですし(笑)

01. NICK! NICK! NICK!
02. 英雄と怪物
03. 彼女はワンダーガール
04. 地球の歩き方
05. SUMMER OF LOVE
06. GROOVE GLOBE
07. たよれる男
08. 問題児
09. サマー☆ビーチ☆パラソル
10. Glory Days
11. 未来のカタチ
12. 青春ミラー
13. マネー
14. インスト
15. 東京虫バグズ
16. メイビー・トゥモロー
17. ロックンロールバンド人生
18. がんばれG. I. Joe

アンコール1
01. TOUGH
02. 世界を止めて

アンコール2
01. CHEWING GUM
02. 僕はコレクター
03. 僕の時間機械


NICK!×3がオープニングとは意表をつく展開でしたw
なんか今回、面白い流れだなあと思った。
曲と曲の間に挟まるちょっとした挿入部が
おっ、と思わせた。

ファイナルにふさわしく、かなりアグレッシヴな選曲だったかと。
盛り上がる曲の連続だったかな。お祭り。


ワンダーガールの時に、最初にリーダーとコータローさんが
一緒にHoney!と始めるところ、ほんと久々に見られた(涙)
あれめちゃ素敵。思わず絶叫した。

途中、あまりの暑さにリーダーがシャツを着替えるといって
途中退場(汗)何故かMCを託されたコータローさんが
ちょっと苦笑いしながら場をつなぐお姿も微笑ましかった。
で、着替えてきたのに結局上着は着てるリーダー見て
突っ込んでるのがおかしかったね。

インスト、いつもより長めでしたよね?
小里くんのソロがぶいぶい入って来てたし。
かっこえかったです。
毎回ライヴで行われるインストだけ集めて
アルバムとかできないのかなあとか
ぼんやり考えることもある。


GLORY DAYSもひっさびさに生で聞いた。
実はかなり感動してた。
あと、ロックンロールバンド人生とG.I.Joeが聞けたのが
個人的にはツボ。最終回の本編はロックンロールバンド人生で
終わると思ってたなあ。
ああ大好きG.I.Joe。トドメだったね(笑)

あと。
世界を止めて は凄いなと今日改めて。
もうほんとに、凄味があるな、と思って聞いていました。

ラストの時間機械楽しかったなあ。
ぽんぽん跳んでて、実は初めてコレさんのライヴ見たときの
ことを思い出していた。
急に、自分も19歳くらいに気持ちが戻った(大笑)
さすがに昔ほどもう、連続で跳び続けられないなと
自分も気がついていたけど。でも、まだ意外に跳べることにも
気がついたよw

最後にふさわしく、どかーんと盛り上がってライヴ終了。
うん、ほんと、今回も楽しかった!若干暴れすぎた…
終わったあと全身汗だく…


欲を言えば。
発売直後の新譜からももっと演奏されると
ほんとはもっとよかったんじゃないのかな?という
気もしてます。
ただ、既に演奏されてる曲に関しては
もう新曲じゃないくらいライヴでは馴染んじゃってますね。

おそらく、また追って演奏されていくのかな。
来年のツアーではたくさん聴けるのを期待。
完全再現ライヴでも全然いいよ(笑)

***********************************************

皆勤賞者としての率直な思い。

個人的な意見ですが、
5回のうち 自分には7月の巻が一番だったかも。

なんか、やはりあらゆる意味で最強だった。
冗談抜きでセットリストもバランスよかったし
ライヴの雰囲気も自分はたまらなく好きだった。

でももちろん他の4回も 素晴らしかったです。
しかし、いかにアベレージの高いバンドであるかが
今年これだけ突っ込んでライヴを観ていて
痛感するところであります。
さすがベテラン、ともいえるし
冗談抜きで追い風が来ている時期でもあると
わしも信じております。

************************************************


実はそのあとにFC企画のアフターパーティー。

さすがに着替えました(苦笑)上だけだけど。


自分は初参加。
相当な参加人数で驚きました..

メンバー全員と少しずつですが言葉が交わせたり(笑)
することができてとてもうれしかったです。
本当に間近で言葉を交わす、ということが、
実は自分は初めてでした。

もー 皆、かっこええよ今更。

素敵すぎて あかん(涙)


4人それぞれの笑顔が印象的でした。

某所に書いたのですが、
某ケイスケさんの笑顔はまるでショットガンのような威力でしたが
コータローさんの笑顔は自分にはまさにダイナマイトでした(大笑)

コータローさんはあのカート・コバーンT着ておられ
ましたね。間近で見て更にやられる(馬鹿)

皆さん、ステージで見るほど大きく感じなかったのが
実は意外なことだった。
間近で見ると、皆さん普通の大きさ(笑)と自分は思った。
こーさんに至っては、うわ、細いっ、って思ったし。

これはわしが普段、でっかい人らと接してることも
あるのかもしれないなあ(汗)と思ったりして。


本人を目の前にして、何も言えなくなると嫌だなあと思い
実は質問を用意していきました。しかも選んでもらった(笑)

リーダー Q:もしメンバーのうち、一日だけ入れ替わらなければ
いけなくなったとしたら、誰と入れ替わる?
A:「小里君ですねえ~」
コータローさん Q:本日のライヴが終わった瞬間考えたことは?
A:「いや、もう無心でしたよ」
小里くん Q: 今日演奏した曲の中で最も印象に残ってるのは?
A:「インストかな」

皆さん、素直に答えてくださってありがとう。多謝。


Qちゃんは時間の都合上(笑)
引き留めるのが無理でした。残念。


リーダーのフライング気味な、来年に向けてのお話。
でも、ぜひ実現してほしいなと思っております。

吉田仁さんも来ておられましたね。
一説にはアンヌ隊員も来てたとかどうとか…


来月はとうとう野音! 震えて待とう(大笑)
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク