タフに行こうぜ。

自分がもっと若い頃(爆)は 

「今日を生きる」っていう言葉は 
刹那な感じがして、正直あまり好きではなかった。 
明日起こることも何も考えずに、
軽く生きているような感じがしたからかな。
今さえよければいい、という考えは良いことのようには
思えなかった、というか、なんだか浅はかなことのように
考えていたわけです。


でも、歳月を経て自分もいろいろな経験をしてくると、
逆に「今日を生きる」 「今を生きる」ということの
大切さや重要さが、嫌が追うにも
はっきりと見えてくるようになった。 

それは刹那とはまた全く次元の違う話であると。
軽いわけでもなく 浅はかなわけでもないと。


明日死ぬかもしれない、って考えは、
昔の自分にとってはかなりネガティヴな思考だったんだけど、
今はまったく逆の捉え方をするようになってきた。


だって

自分だっていつかは消えてなくなるんだもの。



誰の言葉だったっけ。人間の死亡率は100%だって言ったの(笑)
>養老先生かな?
まあ、地球上の生物はどれも一緒なわけであって。

ああ、自分も人生折り返しな感じになってきた
証拠なのかなあ、なんて(苦笑)

言い方変えたら、だんだん腹も据わってきたというか(汗)


だから。
Toughとかは、初めて聴いた時より、今のほうがずーっと好き。 

きっと、あの曲を書いたくらいのリーダーの年齢に
自分がなったしまったからだと思う(爆汗汗) 
曲を書いた当時のリーダーの気持ちや言いたかったことが
今はすごく素直にシンプルに理解できる気がする。


だから生きていくのさ 生きるために生きるのさ


いい歌詞だと思うよ(涙)


地に足つけてタフに行きたい。タフに生きたい。と思う。
そんな3月。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク