アツい人と暑苦しい人。

↑リーダーが TOSHI-LOW君と自分のことを指して
言った言葉(笑)

720292038.jpg

「宇田川テーブルクロス」というコンビ名?(汗)


というわけで行ってきました。
1月20日(日)。

NEW YEAR CHAMPIONSHIP第3夜@渋谷クラブクアトロ。
始まる前から明らかに先週と客層が違いましたが(笑)
今夜も最高でした。

BRAHMANはPA卓後ろで見てたのですが正解。
まさに男祭り。異様な熱気。すげ面白かった。
その上Vo.のTOSHI-LOWくんのお話が面白過ぎた。
爆笑し過ぎてすんまそん。
ギタリストもP。ええバンドや(笑)
つーか、TOSHI-LOW君の口からPという言葉が
出てきてて、しかもその説明までされてたのが
もう超おかしかった。

スピッツに続く、ミヤコ蝶々賞出てました。

今時は女子も上に乗っかるの平気なんだなあ、
とか思っちゃった私も既にTOSHI-LOW君の言う
ババアなのかなあ(笑) 
アゲ師、ノリ師、やっぱ居るなあ、って思ったBRAHMAN。

TOSHI-LOW君が客席に突入したときは
思わずおおおおって言っちゃったけど
(横で見てたYちゃんもひえーってリアクションだったけど)
いろんな意味で面白かったBRAHMAN。

でも、TOSHI-LOWくんが岡山のバンドスタンドの話をしたり、
結構純粋にコレの曲を好きだったりするんだな、
てのがものすごくわかったのはなんだか嬉しかったりした。
SIONを乞食扱いだしねえ(大笑)
おかっぱ頭でどっかの国の国旗の服着た人、そして
くねくね踊ってる人扱いのリーダーも
面白過ぎた。

TOSHI-LOW君がいかにコレファンかってのは
彼が話してるの聞いてて、本当によく伝わってきました。
コレファンに対してお局だの婆だの悪態付いたんですけど
(爆笑)私は逆にあの潔さがすごく好きで好感持った。

セットもコータローさんに30曲以上リクエスト出して、
そのあげく「もう決められません!」とか丸投げしたと
いうのが面白かった。
そういうファン愛、みたいなのがちゃんとこっちに
伝わって来て、しかもそれがコレのパフォーマンスにも
凄くいい影響を与えてたと思うし良かった。

The Collectorsは前で見たよ。
BRAHMANファンは結構すぐに引いてくれてたので
あっさり前方確保できました。

CLUB QUATTRO Weekly Event "NEW YEAR CHAMPIONSHIP"
1月20日(日)@渋谷・CLUB QUATTRO

01. GROOVE GLOBE
02. TEENAGE FRANKENSTEIN
03. プロポーズ・ソング
04. 明治通りをよこぎって
05. プ・ラ・モ・デ・ル
06. 恋のカレイドスコープ
07. 夢見る君と僕
08. 僕は恐竜
09. 未来地図
10. タフ
11. NICK NICK NICK
12. 世界を止めて
アンコール
01. 僕の時間機械


今日はTOSHI-LOWくんの
リクエストもあってなのか初期ナンバー炸裂なセット。
明治通りや恐竜、プラモデルやカレイドスコープまで!
彼が「バットモービルなんて人生で2回くらいしか
口にしたことない」なんて言ってたね。
コータローさんもMODなスーツ&リッケンバッカーでしたね!
イベントとはいえ、こーさんがずっとリッケンなの
本当にひさしぶりに見た。ちょっと感慨深かった。

リーダーが何度もこーさんを指して
「古市コータローと言います」って紹介してて
その度にこーさんが「どもっ♪」て感じで
笑顔を振りまくのがこれまた面白過ぎ。

リーダーのド派手スーツも鮮やかで素敵でした♪
思いっきりテーブルクロスって言われてたけど
でも、もうそれでいいんです!(藁)

しかし、何といっても。
世界を止めて、が驚くほど素晴らしかった。
冒頭で、あれほどに客が大合唱を始めたのは初めて。
あの瞬間のリーダーのわぁっ、ていう本当に
嬉しそうな表情が目に焼きついた。
自分も一緒に歌いながら大感激。泣いた。
それでおそらくバンドもうわっと盛り上がった
んだと思うのですが、
演奏も歌も本当に熱かった。
あのパフォーマンスは、生で見られて本当に
ファン妙理に尽きる、そんな演奏でした。

改めて、世界を止めて、の楽曲力を思い知った、
というのもあります。

ライヴは本当に見てて幸せだったし
ずーっと踊りーの歌いーので
心から楽しんでおりました。

今回、アンコールはずっと時間機械で統一。
これはこーさんらしいコダワリかな?

そして
最後にひとつダメ押しのように
ハッピー&ラッキーが飛びこんできました。
コータローさんほんとに有難う。
長いことライヴ見てるけど
初めて彼のピックをゲット。
ふわっと自分のところに降ってきた。
嬉しかった。

2013120ticketpic.jpg


picc02.jpg


この文句が泣かせるんだよねえ。
以前ギターマガジンで、これの写真見てて
ひどくしびれまくってて。
いつか手に入ったらな、なんて思ってたら
思いがけないタイミングで自分のところに
飛びこんできてくれて、ほんとラッキーでした。
大切にするよ。


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク