伝えたい気持ち。

とあるサイトの記事を読んで思った事。

http://benesse.jp/news/kyouiku/trend/20121019170014.html

英語の苦手な日本の中学生は伝えたい気持ちが低い。

あくまで私見なのですが。
実は逆な気がしています。
しかも中学生に限らない。大人でも同じです。

伝えたい気持ちが低ければ英語はうまくはなりません。
そういう気持ちがなかったら、スキルを向上させることは
できないでしょう。

しかも英語に限らないと思います。日本語でもいっしょ。
そもそも言語は、相手とコミュニケーションをはかるための
道具なのだから。

何かを相手に伝えたいという気持ちが強くなければ、
話すのも文を書くのもうまくはならないのだと思います。
それに、そもそもが
相手に伝えたいこと、聞いてほしいことがあるかどうか。
そこも大きなポイントです。
伝えたいこともないのに、話せ、書け、なんて
母国語であったって難しい。
とくにアウトプットは言語習得の最終段階。
自分がすらっと自然に出せるものは
自分の中で消化できて、使えるものまでに
高まってるものです。

話すのって、本当はほんとうに難しい。
だって、一度にいろんな能力を同時にしかも即時に
フル回転させない限り、話せません。

あと、特に、話す、という面に関しては
自分が一方的に自分のことを伝えるだけではやはり駄目。
その相手のことも考えて、ちゃんとインタラクティヴな
やりとりが出来ることが実はすごく重要。
聞く力、質問する力も大切です。相手のことを考えて話す。

そういう意味で、元々人とコミュニケーションを取るのが
うまい人のほうが、絶対に語学は上達が早い、と
私は思っています。

言いたいことあるのに、うまくならない!っていうなら
アウトプットの機会が乏しいのが一番の原因です。
正直、とにかく外に出す練習をするしかないと思います。
100回言えたものは、まず忘れなくなります。
I love youを知らない日本人はほとんど居ないでしょう。
死ぬほど聞いたり見たり、もしくは言ったり(笑)してるからです。

日本人は英語が苦手。知識ばっかり詰め込んで
使い方を学ばないからです。
そのくせ都合のいい I love youとかだけ知ってる。
しかも使えるじゃん(笑)

英語はもともと欧米文化の中で発達したもの。
その文化を理解しようとしない人、興味の無い人も
基本的に不利だと思います。その時点でビハインド。
言葉のみを操れるようになろうなんてムシが良い、と
私は思ったりもしております。


とまあ、夜中に長文失礼(爆)
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク