スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

窓のない 頓堀のスナック。

↑ これは、こーさん うまい!と思った(笑)


コータロー&ザ・ビザールメン@大阪SOMA見てきました~

20140202naniwa.jpg


私はちゃんとしたワンマンライヴを見るのは
実はおととしの9月@紅布以来じゃないか?
去年のはおやじバンドのゲスト扱いだったからね。

若干のブランク(汗)はあるかなと思ったものの
ライヴはさすがにがっちり、キメてきておられました。

コータロー・ビザールは髪の跳ね具合がなんとも
絶妙w
あの長さがわしは実は一番好きだなー
出だしちょっと調子あがってない?だったのですが
途中からは、いつもの良い感じになってました。
今日は呑んでなかった?な(笑)
にっこにこな無邪気な笑顔と
真剣にソロを弾きまくる表情と
キタビザールと楽しそうに動きをあわせるとこと
ハンドマイクで「君といつまでも」を歌いあげるとこと
やっぱこのバンドはセンターの人に目が行きます。

あまちゃんのテーマを始める前に
モビー君に「あんまり早くしないで」とか
言ってるに笑った(笑)
むずかしいんだよー!って。
でも演奏ばっちり。よかったです。


個人的には
ヒサシ・ビザールがちょっと様子が変だったので
あれ?と思うシーンが多々あったのが気になっていて。
最終的には いつもの彼だったかな、なんて
思って終わったのだけど。

やっぱがっつり体調悪かったんだね(苦笑)
声の出がいつもより良くないなあ、と思ったのと
歌詞がいつも以上に(こら)ふっとんでて
苦笑いするシーンも多かったし
単純に笑顔が少なかったのよね。
いつもなら、真正面ガン見で歌う人が
視線の行方があさってのほうに行ってることが
多くて、どうした?と思ったのが
実は大きかったのだけど。

とはいえ、
普通に見たら、ステージ上では
なんとか平静をたもって?
のりきってたヒサシ・ビザール。いつもより
元気がない感は出ちゃってたけど。

ベンジーに寄ってこられて困る、ってのは
ごめん、めっちゃ笑ったw
しかもバイク改造の話しかしないってwww

ビザメンも、元々はしゃれで始めたバンドだと思うけど
これだけもう形になってきてしまうと
そんな手の抜いたことは 出来なくなってるし
ましてや わざわざナニワまで来ての公演。
マリオさんもスーさんも(オモテックさんも?)
ちゃんと付いてきてるし
コレ社長の松本さんも、もうちゃんと絡んじゃってるしね。


ヒサシ・ビザールさんが素直に
「こんなにたくさん集まってくれてありがとう」って
口にするのは、実は珍しいことでもあった。
コータローさんが言うことはあっても
ヒサーシさんが自分から言うの、そんな多くない。


風メドレーあたりからの後半の流れは
やっぱさすがだな、と思いました。
蒼き風のカヴァーはいっつもほんとすっごい格好良い。
あれは、なにげにあのバンドの見せどころだとも
思うんだよね。
コレでは聴けないこーさんのギターが聴けます。
あれが普通にフェンダーならもっと色気もあるんだろうけど
テスコの音のチープさが、これまた際立つ感じで面白い。
そこがあのバンドの醍醐味、でもあるね。

こーさんのハンドマイク姿も だんだん板についてきたね。

贅沢な悩み、で 今回も爆笑しすぎた。
でっかいどー ほっかいどー! のとこで
思いっきり叫んでしもた。

アンコールで、皆がビザールTを着て登場したのに
ヒサシ・ビザールだけがごく普通のボーダーTで登場。
「忘れてきちゃった」って(汗)
や、今なら事情がわかるから、だけど
さすがに、あの普通すぎるヒサーシさんは
逆にちょっと吃驚。 まあ、レアなことだとも思った。


マリオさんのイリュージョンは、毎回ハラハラ(苦笑)
今回は時間がかかりつつも、なんとか成功でよかった!


限定キーホルダーもげっとん。

keychain01.jpg

限定カクテルのレッドモンキーグリップは品切れで
飲めなくて残念。

soshina01.jpg
P社長さんとっから、来場者皆にプレゼント(笑)
発光する、あのスティックセット。わしもライヴ中、手に巻き巻き。
こーさんが会場わざわざ照明落とさせて「あらー きれーねー」と
喜んでる笑顔が可愛過ぎた(笑)



総合評価として、やっぱ、とても楽しいライヴでした。
私はいーっぱい笑ったので。
笑いが絶えない感じでこその、このバンドだとも思う。


いつか、ナゴヤの若旦那、もやってほしいな(希望)
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。