静岡にて。

3月23日。

静岡UHUにて、ZilL倶楽部SPというイベントを
見てきました。

これが本当に素敵なイベントでした。行けて良かった。
ほんとに楽しかった。

誰もが、このイベントを楽しもう、という思いが
先走ってるというか(笑)でもその思いが
全体的に包まれてる感じだったので、
しっくりそこに入り込めたような
気がします。


静岡UHUはLand of Musicだと誰かが言ってたの
見かけた気がしてたんだけど。
あのatomosphereにはかなりやられた。
なんか、居る感じがした。
けして、そんな古いライヴハウスではないのに。

イベント主催者のZilL君にもやられたけど
(あのオーガナイザーっぷりは凄いと思った。
あれはお客さん、皆、また来ますね、って言うよ。
自分らも、中に入った時にもういきなりお礼を
言ってくださったりして。これは初めて。
それをどう感じるかは、そのお客さん次第だけど
あれは嫌でも印象に残る。途中で抜けてくお客さん
皆に声かけて出口まで見送ってるしね。)

とにかく、開演前までにお客さんが吃驚するくらい
入ってくる。すごい。
聞けば、このイベント、
今回で68回目?凄い、ほんとに。


気がつけば意外に長丁場で。4時間。
でも、全然、その長さは気にならなかった。
他のミュージシャンたちも、それぞれの個性があって
見てて全然飽きなかったし、面白かった。

伴さんは、また店長さんのバンドに急遽参加。
そんで、ほとんど合わせないで、いきなり叩いて
あの感じ。ほんと凄い。岡山の驚き再び。
つーか、できちゃうんだなあ。

わしは、トリの信夫くん&伴さん見たさに、
足を運んだわけだけど。

なんだか、こんなあったかい雰囲気のところで
彼らのライヴを見られるのは本当に嬉しかった。
とにかく、演奏する側にも見てるお客さん側にも
お店側にも愛があった。

そういうのを、ちゃんと受け止めてたうえでの
彼らの演奏だったように思う。
いい空気を引き継いでのライヴ。

自分はまだそんなに回数見てるわけじゃないけど。
いつも違う顔が見られる。>信夫くんwith伴さん

今日の顔もまた違った。
違う顔を期待してるわけじゃない。でも、
自分にとっては
いつもどれも違う印象を持って終わってる。

今回は、攻めの姿勢が見えたと思う。
3月前半の、あのしーさまソロ巡業のときの
あのアグレッシヴさに、伴さんの力強さと確かさが
加わった感じ。そりゃー、パワーあるよね。

shinobuban2014032304.jpg


お店の、テツさんと演奏された
沈黙の観覧車は、予想外の素晴らしさで聴きいった。
本当にリハなし?それで、あれは凄い。
サックスが入ると、また全然違う色合いが加わる。
つーか、曲が良いからこそ、あんなセッションも可能。
ちょっとスペシャルなの、聴けた。

shinobuban21014032302.jpg


別アレンジのリメインダーも新鮮だった。
with伴さんで聞くあの、ライナス、も
CD、おひとりさま信夫くん、そして伴さんを伴っての
演奏。進化してるね。
たぶん、形にしてから
まだそんな時間がたってないはずの曲。
すごい面白い、と思った。
こういうの見ちゃうと、感じちゃうと
よけいにその曲が好きになるね。

もちろん他の曲たちも
どれもが ここに来て
今日聴けて良かったとほんとに思えて。

それもこれも、あの場所の雰囲気が
大きく作用したな、とも思います。
本当に楽しかったよう。
他の人たちに乗っかって
ひゅーひゅー 大声で言ってみた(大笑)

(実は騒ぐタイプの人間なので
本当はもっといっつも ひゅー とか ぎゃー とか
ぐぉー とか言いたい(爆笑)<言え)

最後にThe Sea Called Grace聴けたの嬉しかったー

とにかくほんとに心から楽しそうで勢いあって
グイグイでイケイケな信夫くんと
(なにげに体も気持ちも前のめりになるしーさま好き)
そんな信夫くんを後ろで笑顔&安定感いっぱいで
ぐっと支えながら、きらっと光る伴さんのドラムが
聴けたし見られた。
なんだろー なんか、絶妙なんだよ。
もう めっちゃ好きです。ほんと。

つーか、こんなにほれ込んでていいんだろうかと
自問自答。 いや、いいだろう いいことにしよう(笑)
もっと、このふたりのライヴ見たい。

********************************************

ライヴ後、その前日の下北沢での
黒水伸一TRIOライヴで発売された
新しいCDに、友人が黒水さんの
サインだけを入れてもらってくれてて
わしは静岡で目の前で
伴さんと信夫くんにサインしてもらいました(笑)

これは絶対に
ブラックウォーターさんが悪いと思いますけど

cd20140322.jpg


向きがずれてるゆーねん!90度!
(と、ふたりには訴えてみた:爆笑)

これ、ライヴアットリーズなんでしょ!
向き、こうじゃん!  と

言ったら、伴さんは笑ってたから。
まあいいや。<いいのかよ

楽しかった楽しかった。本当にいっぱい。
もうお腹いっぱい、でした。


信夫くんも伴さんも
お花のお礼をいっぱい伝えてくださって。
こちらも、とてもとても嬉しかったです。
こちらの勝手な思いを、どん、と、
受け止めてくれて、ありがとう。

ohana_20140322_01.jpg

3人さんがお花抱えてる画像が届いた時には
ちょっと倒れそうだった。

実は、受け止めてもらえなかったら
どうしようか、って思っていたよ。

お花を見たときの
ブラックウォーターさんの
反応っぷりをものまねしてくれる
しーさまが超面白かった。
その場面がほんとに想像できたw

一周年記念ライヴ見たかった見たかった。
お花も、実物が見たかった。
行けなかったのは本当に残念だけどね。
でも、とても満足でした。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク