生きるために 生きるのさ。

きっと 
今日はもし自分もあの場に居たら
号泣だったのだと思う

辛いことも怒れることも悲しいことも
たくさんあるけれど

思いがけないような
素敵なことも ちゃんとやってくるんだ

生きていくことは
捨てたもんじゃないぜ ってのを


そうやって感じさせてもらえるのは

やっぱりとても嬉しいことだとも思った


あの場に居たかった と思う

居た友人たちが羨ましいとも思う


そんな夜
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク