あのNYの夜。

10310645_680486908684485_2250383672846955757_n.jpg

あえて 見ることは無かったかもしれないヴィデオ。
でも ひょんなことから見る機会に恵まれた。

A Night With Lou Reed

凄い。凄まじい。
なんだこれ。

まるで麻薬みたいな夜。
でも何かを使って無くても
ただ その音楽と空間と空気に
酔いしれてしまうような夜。
高い密度。そして冷たいのに熱い。

ここに居ることができなかったことが
悔やまれるような、そんな瞬間の連続が
封じ込められていたよ。
惹きつけられっぱなしの一時間。

ルーの確信に満ちたそのまなざしと
圧倒的な存在感は、勿論のこと
なにせこのバンド、が素晴らしい。
凄みすら感じる演奏。
淡々と曲を進めていくのが、よけいに
その凄みに拍車をかけるよう。

ほんとはもっと早くに見るべきだった映像。
でも、今になってでも、
見られて凄く嬉しかったし、良かった。
多謝。


ルー・リードが、
もうこの地上にいないことが
やっぱりいまだになんだか
信じられて無いな、わし。

とも思った。

そんな夜。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク