小さな夢の小さなかけらが 照らすもの。

6月15日(日)は再度東京へ。

行きのバスは サッカーワールドカップの話をしてる人も多く。
テキスト実況など見つつ、
気がつけば新宿。
これで日本代表が勝ってた日にゃ、もう凄いことに
なってそうだったけど。
ブルーのユニを着てる若者がたーくさん。

今回はほぼ半年ぶりに見るNOWHERE。


新宿 スモーキン・ブギにて。
smokinboogie01.jpg


はじめて行ったのだけど、正直迷った(苦笑)
はじめてグーグルマップに本気でお世話になった。
昔はたづナビとか言われて 
結構自信があったんだけどなー
久々に完全に方向感覚を失った。
新宿は新宿でもこのエリアに来たことがないんだな
と気がついた。

smokinboogie20140616.jpg


smokinboogie003.jpg

ナカハラヒサロオさんとの対バン。
わしは当然初めて拝見。
ステージが狭いので6人はきゅうきゅう~
新ドラマーさんが入ってまだ10日目だとか。
ヒサロオさんがぺらぺらめくる手帳に 
すっごいいろんなものを感じた。
きっと、いろんな歴史や音や酒や涙や(笑)
何よりも彼の思いが詰まってるんだろうなって。
そんなことを思ってた。

本命であるNOWHEREは、8時過ぎから。
どこに座ろうと迷って迷って
結局ど真ん中前方テーブル。
結局ここでよかった。

半年ぶりにやっと、
見ることのできたこのバンドは

わしにとっては、やっぱりすごく素敵な
カタマリだった。

新曲が中心。
でも、それゆえに
今まさに此処にある NOWHERE という気がした。
だから、わしは凄く好きだった。
わしにとってのNOWHEREという
言葉は やっぱり NOW HEREなんだ。
ここにすべて在る。
すべて、と言ったら言い過ぎだったとしても。
大事なのは その瞬間に
此処にあるものじゃないのかな、と。

つかちゃんもあまりたくさんしゃべらず、
曲がどんどん連なる感じ。
それで良い流れだった。

彼らの思いがちゃんと伝わる
新しい曲たちが聴けたとわしは思った。
これからまだまだ、磨かれていくのだろうし
ファンがそんな過程を見られるのも
こうやってライヴを見に来ているから。
そういう面白さ、も間違いなく在る。

一曲目は NOWHEREだった。
自分が一番好きな曲から始まった。
もうそれだけで充分泣きそう(苦笑)で。

新曲でとくに印象に残ったのは
孤独の賛歌、かな。
つかちゃんソロで聴くのとはまた違う
風景。こういうのはいい。

実はFACESがものすごく好き。
後半にかけて、
演奏が、4人が絡み合うように
力強く展開されていくのがとても格好良い。
めちゃくちゃ、バンドっぽい。
きっと、こういう展開って
今のNOWHEREだから出来る、という
そういう曲。だから余計に。

beautiful daysも大好き。
これも聴けて嬉しかった一曲。

君は見つめている と
グッバイトゥモローは
今やっぱりちょっと特別な曲。
聴くたびいつも、そう思う。
というか、きっとつかちゃんが
そう思っていて、
最近のライヴの中では
演奏するタイミングを
一番配慮しているというか、
考えてる曲たち。だと。

この2曲で、本編終了。

アンコール一曲目で
つかちゃんが「速いほうで」と言ってて
世界が始まったのはすごく嬉しかった。
これもとても聴きたかった曲。

アンコールのセッション(ぶっつけ本番?)では、
Knockin' On Heaven's Door。
ヒサロオさんだけではなく、思いがけない方々。
近藤智洋さんと鬼頭径吾さんが客席にいらしてて
呼び込まれて。
最後はルート66で。

寺さんが 急に前のほうに出てきた、と思ったら
わしらの座ってたテーブルまでやってきて
急に ベースをテーブルにこすりつけた!
あまりにも急すぎて 自分はまったく対応できず...
だって 自分のほんとに鼻の先に 寺さんのベースのヘッドが
近づいてきたんだもん(苦笑)

そのはずみで
ベースのつまみ?(っていうのかな)が
ひとつぶっとんでしまった。
同時に在るべき小さなねじも飛んじゃったそう。
わしがつまみを捕獲したものの
その小さなねじはみつからず。
その後寺さん演奏不能(苦笑)
あの、やっちゃったー、って表情が(爆笑)
最後の曲でよかった、あはは。
(その後ちゃんと修理できてるといいのだけど)

思いがけないアクシデント発生でしたが(汗)

自分にとって、
とても良い時間だったなーと。来られてよかった。
曲がしっかりたっぷり聴けてよかった。
つかちゃんの笑顔も前のめりなしのぶくんも
急にアナーキーになったグルーヴィー寺さんも
後ろでがっつりバンドを支える伴さんも
どれもこれもやっぱり
ひとつひとつがバンドの大切な要素で
ひとつも欠くことのできないものだと。
そう思ってた。
しーさまとBさまがアイコンタクトしてるときの
あの感じとか何気にすごい好き(笑)

NOWHEREさんは
何処でもない場所に居る人たち、
なのかもだけれど。
どっかで ほんとはできるだけ早く
自分らを導く光を見つけるべき
だとも わしは勝手に思っていて。

でも、今、彼らがどこに居るのか
ほーんのほんの、少しだけ、わかったような気がした。
そして向かうべき何処かも
それが何処なのかは わしにはわからないけれど
彼らの中で見えていてほしいな、と。

バンドにとっては 今回のライヴは
100%ではなくて まだ のびしろのある
感じで終わったかもな ってのは
正直なところ、あったのだけど。

でもね、つかちゃんのあの様子から見て
けして悪い感じではなかったと思ってて。わしは。

今のこのバンドの姿が見られただけでも
ほんとにほんとーに満足。だった。
ど真ん中で見られてよかったよ。
だって本気でずっと見たーいって
思い続けてたから。
それ故、わしにはとても贅沢な光景でした。

心の底から楽しかった。

それにはきっと
自分のこのバンドへの勝手な思いが
原因なのもある。
大好きなバンドだからこそ。
そういう思いを持って見てるからこそ、も
きっとある。

だからもっと、今以上のものを見たいという
ファンとしての欲もあるし、
そうやってまた、上を目指して行ける
バンドでもあってほしい、と。

また必ず、何処かで。
NOWHEREのライヴじたいは
7月8月と東京でたーくさんあるのに
ワンマンもあるのにな。
わしは残念ながらひとつもいけません(涙)

秋に、この4人に会えるのをまた心待ちにします。

アルバム作って欲しい。あの曲たちを
ちゃんと形にしてほしい。今のNOWHEREで。
改めてそう強く希望。
秋までに、は無理なのかな。

つかちゃんが明言してたのには、秋のツアーは
名古屋、広島、北海道(!)に行くって。

去年から、お待ちかねの、あなたが
これ見てくれるといいな。ほんとそう思ってる。

*************************************

ライヴ後にいろんな人とお話してる中で
こんな話になった。

ライヴに100人お客さん来てたら
100人とも違う見え方、聴こえ方、
感じ方で、いいよね って。
皆が同じように感じるなんてことはきっと、無い。
むしろそれがやっぱり自然。
同じものを同時に見たからとて。
見る側も演じる側もそのときそのときの
状況があったり、気持ちのゆれがあったり
その人の考えが有ったりで
それが感じ方に影響するのは当然。

だから、わしにはわしの、目に映る
心に響く、NOWHERE で
いいんだなあ、とね。

本当にあったりまえのことなんだけど。
何今更言ってるの?と言われそうだけど。

ふと、ほっとした。そうやって言われて。
自分にとって。
自分の触角とか嗅覚とか、感性とか。
そういうのは信じたい。自分をね。
スポンサーサイト

Comment

No title

たづ助さんこんばんは!お久しぶりです。
 ・・・が、ちゃんといつもブログ拝見しております!

 ほ、北海道ツアー来てくれるのですねー!!嬉しい~^^
 ツアー情報の次の文は少しじわっときてしまいました・・・
 気にかけてくださってありがとうございます、とっても嬉しかったです。

 名古屋は空梅雨ですか?こちらは梅雨がないはずなのにもう2週間雨が
 降っています(記録だそうです)。
 
 ではまた、コメントしますねー、ストーカーの様にブログチェックしてまーす(笑)。
 

No title

あ、見てもらえてよかったー(o´∀`)ノ
charmyさんに向けて書いてましたよ。

ぜひぜひ北海道、
何処でもない人たちに逢いに行ってください!
わしは連休取れないからどうひっくりかえっても
無理なので(涙)
ほんとは行けたらな― って心から
そう思うけど(涙涙)

今現在の彼らも、とても素敵です。
おたがい、首長ーくして待っちゃいましょーね。

名古屋はほんと雨少ないです。
おかしな気候ですよね...
北の国もそんなふうなんだ...

ぜひぜひ、またお立ち寄りください!
非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク